スポンサーリンク


2019年07月15日

【Excel】セルの書式設定を変更する方法

エクセルのセルは、デフォルトでは「標準」の書式設定となっており、これはちょっと厄介です。例えば「2010年4月5日」と入力しても「2010/4/5」と表示されてしまいます。今回は「セルの書式設定」を変更することによりできることを書いていきます。

13-1.png

全ての開設はできませんが、よく使うものを書きました。セルの書式設定は「表示」タブから変更できます。該当セルを選択してからこの設定を変更します。

13-2.png


書式変更「数値」




エクセルで数値を扱うときには、セルの書式を「数値」にすると、正常な値が代入されます。しかし、日付などを「数値」の書式のセルに入れると、意図しない値が代入されます。

13-3.png

エクセルでは、意図せずして書式が自動的に変わってしまうことがあるので、その時は意図的に書式を指定する必要があります。

書式変更「時刻」




デフォルトの書式設定にある時刻は、「hh:mm:ss」となっています。この書式で表示させたいときにはデフォルトの「時刻」を選択します。

13-4.png

例えば書式を「hh:mm」のみにしたいときなどには、デフォルトではできないので、後述する「ユーザ定義」にて独自ルールを定義する必要があります。

書式変更「日付」




Excel2019では、「日付」の書式は「短い日付形式」と「長い日付形式」がデフォルトで選べます。「短い日付形式」は「yyyy/mm/dd」で、「長い日付形式」は「yyyy年mm月dd日」です。

13-5.png

書式変更「パーセンテージ」




セルをパーセンテージ表示するには、セルの書式を「パーセンテージ」にする方法が一番です。基本的に、「記載した数値×100+%」の表示になるので、指定したいように入力します。

13-6.png

書式変更「文字列」




文字列として文字を入力したいのに、エクセルが勝手に書式を変換してしまうことがあります。この時は、セルの書式を「文字列」にする必要があります。

13-7.png

いちいちセルの書式を変更してもよいのですが、文字を入力する際に「'」を入力すると、自動的に文字列として入力されるので手っ取り早いです。

13-8.png

書式変更「ユーザ定義」




一番下の「その他のユーザ定義」を選択すると、セルの書式を細かく設定することができます。上記までの「日付」や「時間」なども、表示形式を複数選ぶことができます。

13-9.png

また、分類の「ユーザ形式」を選択すると、表示形式を独自に決定することができます。大体はサンプルを見ればなんとなくわかると思いますが、詳細の説明は別記事でまとめたいと思います。

13-10.png

以上です。それでは。
posted by まきちゃん at 21:29| Comment(0) | Excel関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【Windows10】bluetoothで簡単にファイル転送をする方法

携帯からパソコンへ、またはパソコンからパソコンへファイルの転送や、写真、動画の転送をbluetooth経由で行うことができます。速度はあまり早くはないので、大量のデータを移行したいときはケーブルを繋いで移行したり、クラウドサービス等を利用することをお勧めしますが、容量の小さいファイル(画像数枚程度)ならbluetoothで簡単にデータ移行することができるので、その方法を書いていきます。

今回は、携帯からPCへの移行方法について明記します。


移行先のPCをデータ受け入れ状態にする




デスクトップの左下のWindowsマークを右クリックして、設定を開きます

12-1.png

「Windowsの設定」が開かれるので、「デバイス」を選択します。

12-2.png

「bluetoothとその他のデバイス」の右側の「関連設定」の項目から「bluetoothでファイルを送信または受信する」を選択します。

12-3.png

ファイル転送のメニューが開かれるので、「ファイルを受信する」を選択します。

12-4.png

bluetoothで接続待ち状態になるので、次に送信元からファイルを転送します。

12-5.png

移行元から移行先へデータを転送する




移行元(スマートフォンなど)からのデータ転送は、写真等の共有から「bluetooth」を選択し、実施します。
共有する際に送信先のPCを指定する必要があります。先ほどの「bluetoothとその他のデバイス」に自分のPCがどの名前で認識されるかが表示されるので、複数の端末が認識されたらその名前を指定します。

12-6.png

これでファイル転送が始まります。

移行完了後




データの移行が完了すると、どこにファイル置きますか?の選択画面が開かれます。転送したファイルと、転送先(参照ボタンからだと、ダイアログから選択ができます)を選択し、「完了」を押して、ファイル転送の完了です。
移行したデータがきちんと転送されているか確認してみてください。

12-7.png

あんまり使わないかもだけど、たまに使う?知ってるとたまに役に立つ?かな?でした!
posted by まきちゃん at 18:16| Comment(0) | Windows10設定関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月11日

【Excel】ピボットテーブルからグラフを作成する方法

エクセルには「ピボットテーブル」という表を作成する機能があります。そして、そのデータをもとに簡単にグラフを作成することができます。グラフの作成方法について解説します。ちなみに今回はExcel2019を使用します。

◆ピボットテーブルの作成

グラフを作るにあたり、ピボットテーブルができていることを前提とします。ピボットテーブルの作り方については別途【Excel】エクセルでピボットテーブルを作成する方法を作成する方法を参照してください

◆ピボットテーブルからグラフを作成する

こんな感じのピボットテーブルがあるとします。人の名前と数学の点数、国語の点数が表になっています。

11-1.png

「挿入」タブの「おすすめグラフ」(バージョンによっては多少ネーミングが違うかもしれませんが、グラフ系の項目があると思います)を開きます。

11-2.png

好きなグラフを選んで「OK」を押します。するとピボットグラフが作成されます。

11-3.png

ピボットグラフに対してできる設定はたくさんありますので、簡単な部分だけピックアップします。
①縦軸、横軸の書式設定から、軸の数値の最大値や数値の個数を設定できます。(項目付近で右クリック)

11-4.png

②「書式」タブの「オブジェクトの選択と表示」からグラフタイトルなどを追加する設定にできます。

11-5.png

③いろんな設定を自分好みにしたら、右クリックのメニューからグラフをテンプレートとして保存することができます。

11-6.png

グラフのテンプレートはまとめて置いておくと、後から探しやすいです。場所はどこでもいいと思います。
グラフの詳しい設定やできることは別の記事で一覧にします。それでは。


posted by まきちゃん at 23:28| Comment(0) | Excel関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク