スポンサーリンク


2019年10月06日

【PowerPoint】テキストボックスの作成方法

パワポで好きなとこにテキストを表示させたいときには、テキストボックスを作成します。今回は、このテイストボックスの作成方法や編集などを解説したいと思います。


テキストボックスの作成




パワポのバージョンによって作成方法が若干変わるかもしれませんが、項目名としては大体同じだと思うので、参考にはなるかと思います。今回はPowerPoint2019にて解説します。

横書きボックス、縦書きボックス



テキストボックスは「挿入」タブの「テキストボックス」から挿入することができます。

h-1.png

「横がき」と「縦書き」が選べます。大体は横書きかなと思いますが...(笑)
選択すると、好きなところに作成するモード?になりますので、好きな場所に四角を伸ばして作成してください。ボックスの移動は後からでもできるので、場所と大きさは大体でOKです。

h-2.png

テキストボックスの移動や書式の変更



作成ができれば、あとの編集はほかのボックスの編集と同じです。移動させるときは、枠付近にカーソルを合わせて移動させます。

h-3.png

文字の大きさやフォントを編集するときは、同じく枠付近にカーソルを合わせて右クリックをします。

h-4.png

ただ、バージョンによってはボックス内に文字がないと消えてしまうものがあるかもしれません。ボックスを作成したら、なんでもいいので適当に文字を入れておくと場所がわかりやすいです。

ボックスの大きさが勝手に変わるときは?



中に文字を入れると、文字サイズによってボックスの大きさが変更されることがあります。枠線をつけている場合などには、予想と違う大きさになってしまうことになるので、設定を変更する必要があります。

h-5.png

この時は、ボックスを右クリックし、「オブジェクトの書式設定」から「位置」の設定部分を見ます。

h-6.png

これが「テキストに合わせて図形のサイズを変更する」の設定になっていると、入力したテキストの行数によって大きさが変更されます。(幅は変わらないと思いますが。)

これを「自動調節なし」にすると、勝手にボックスのサイズが変更されなくなります。

これは、状況によって使い分けたい設定なので、どちらがいいとかはありません。


以上で、テキストボックスの設定については説明終わりです。
ありがとうございました!!
posted by まきちゃん at 19:12| Comment(0) | PowerPoint関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
スポンサードリンク