【Windows10】ディスプレイを追加して、表示画面を拡張する方法

最近のパソコンは小さいですし、ディスプレイに繋いで表示画面を拡張したほうが見やすいことが多いです。Windows10で表示画面を拡張する方法を明記します。

デスクトップで右クリックし、「ディスプレイ設定」を選択します。

14-0.png

ディスプレイの設定画面が開かれるので、ディスプレイとパソコンをコードで繋ぎます。使用するコードについては「ディスプレイ コード」などで調べればすぐに出てくるので、それを参考にしてください。

14-1.png

コードを繋ぐと、自動的にディスプレイが認識されます。

14-2.png

ここからいくつかの設定を見ていきます。まず「識別」を選択することでパソコンとディスプレイどちらが「1」でどちらが「2」かを表示してくれます。

14-3.png

これは右側にPCを配置してPCの画面をスクショしてます。表示されている四角をずらすことで、どの配置で認識させるかを指定できます。位置関係によって変えます。

14-4.png

下のほうの項目に「マルチディスプレイ」があります。画面の拡張か画面の複製を選択することができます。

14-5.png

もし画面がうまく映らなかったり、画質が荒い場合には、コードを抜き差ししたり、ディスプレイの電源をオン、オフしたりしてみてください。基本的には自動でいい感じにしてくれるはずなので、何度か再認識させればきれいに写せると思います。

14-6.png

ディスプレイの設定は以上です。テレビなどでもコードがつなげれば拡張できると思うので、動画などを大きい画面で見たいときなどにはこの設定を変更させてください。

この記事へのコメント