スポンサーリンク


2019年10月06日

【PowerPoint】テキストボックスの作成方法

パワポで好きなとこにテキストを表示させたいときには、テキストボックスを作成します。今回は、このテイストボックスの作成方法や編集などを解説したいと思います。


テキストボックスの作成




パワポのバージョンによって作成方法が若干変わるかもしれませんが、項目名としては大体同じだと思うので、参考にはなるかと思います。今回はPowerPoint2019にて解説します。

横書きボックス、縦書きボックス



テキストボックスは「挿入」タブの「テキストボックス」から挿入することができます。

h-1.png

「横がき」と「縦書き」が選べます。大体は横書きかなと思いますが...(笑)
選択すると、好きなところに作成するモード?になりますので、好きな場所に四角を伸ばして作成してください。ボックスの移動は後からでもできるので、場所と大きさは大体でOKです。

h-2.png

テキストボックスの移動や書式の変更



作成ができれば、あとの編集はほかのボックスの編集と同じです。移動させるときは、枠付近にカーソルを合わせて移動させます。

h-3.png

文字の大きさやフォントを編集するときは、同じく枠付近にカーソルを合わせて右クリックをします。

h-4.png

ただ、バージョンによってはボックス内に文字がないと消えてしまうものがあるかもしれません。ボックスを作成したら、なんでもいいので適当に文字を入れておくと場所がわかりやすいです。

ボックスの大きさが勝手に変わるときは?



中に文字を入れると、文字サイズによってボックスの大きさが変更されることがあります。枠線をつけている場合などには、予想と違う大きさになってしまうことになるので、設定を変更する必要があります。

h-5.png

この時は、ボックスを右クリックし、「オブジェクトの書式設定」から「位置」の設定部分を見ます。

h-6.png

これが「テキストに合わせて図形のサイズを変更する」の設定になっていると、入力したテキストの行数によって大きさが変更されます。(幅は変わらないと思いますが。)

これを「自動調節なし」にすると、勝手にボックスのサイズが変更されなくなります。

これは、状況によって使い分けたい設定なので、どちらがいいとかはありません。


以上で、テキストボックスの設定については説明終わりです。
ありがとうございました!!
posted by まきちゃん at 19:12| Comment(0) | PowerPoint関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【PowerPoint】行間を広げる。行間を狭くする。

パワポのデフォルトの行間は、広めに設定されています。これを狭くしたかったり、さらに広げたかったり、インデントの階層によって行間の広さを変えたかったり。。行間の操作がすべてマスターできるように解説していきます。

【PowerPoint】行間の設定

  1. 行間を変える
    1. 1-1. 全ての行の行間を統一させる
    2. 1-2. 一部の行の行間を広くする、狭くする。
    3. 1-3. すべてのシートを同じ設定にする
  2. テキストボックスや図形でもやり方は同じ
    1. 2-1. テキストボックスの行間を変えてみる
    2. 2-2. 図形に文字を入れて行間を変えてみる

  3. 行間を変える




    まず「行間ってどこ?」と思われた方のために、画像を貼っておきます。行間とはその名の通り行と行の隙間のことです!

    g-1.png

    全ての行の行間を統一させる



    まず適当に文字を打ってみました。

    g-2.png

    一見何も問題ないように見えますが、行が増えてきたときなど、「行間を変えたい」と思うことがあります。まずテキストボックス全体を選択した状態にします。

    g-3.png

    そこから「ホーム」タブの「行間」を選択します。(探してくださいw)

    g-4.pngg-4

    表示されている「1.0」(行間狭め)から「3.0」(行間広め)までで良ければそれを選択します。例として1.5に設定してみます。

    g-5.png

    広くなりました。もし広さをもう少し細かく設定したい場合は、「行間のオプション」を選択します。

    g-6.png

    ここの「間隔」部分の「段落前」と「段落後」の数値を変更することで行間を任意に設定することができます。どちらの数値も大きくすると、2倍で行間が広くなるので、注意です。いろいろ数値を変えてやってみるのが一番かと。

    一部の行の行間を広くする、狭くする。



    前項では、テキストボックス全体に対して行間の変更を加えましたが、これは行別に変更することができます。
    まず、変更したい行を1行(複数行でもよいです)すべて選択します。

    g-7.png

    後は同じやり方です。「ホーム」タブの「行間」から個別に設定を加えてください。

    g-8.png

    広くするのも狭くするのも設定する数値次第です。どれくらいの間隔にしたいかは人によってまちまちだと思うので、そこは頑張っていろいろ試してみるしかないです。

    すべてのシートを同じ設定にする



    今までのやり方だと、変更したいシートが1シートだけの場合は問題ないですが、これが何シートもあると大変ですよね。これは「スライドマスター」という機能によってすべてのシートに同一の変更を加えることができるので、解説します。
    表示」タブの「スライドマスター」を選択します。

    g-9.png

    現在編集中のスライドのマスターが表示されますのでここを変更します。変更方法は今まで記述した方法と同じなので、割愛します。

    g-h.png

    編集後は「スライドマスター」タブの「マスター表示を閉じる」を選択すると元の編集中の画面に戻すことができます。

    g-i.png

    スライドマスターにて編集したスライド種類を使用した全てのスライドに、編集内容が反映されているはずです。(もしかしたらすでに個別に編集している部分については反映されていないかも?)

    テキストボックスや図形でもやり方は同じ




    今までは、デフォルトで設定してあるボックスに対してやりましたが、新しくさくせいしたボックスに対しても同じことができます。

    テキストボックスの行間を変えてみる



    後から挿入したテキストボックスに対しても同じ方法で行間を設定することができます。テキストボックスを選択して「ホーム」タブの「行間」から設定を変更してください。

    g-j.png

    テキストボックスの作成方法についてはこの記事を参照してください!!!
    きじ

    図形に文字を入れて行間を変えてみる



    図形に入力した文字に対しても同じ方法で行間を設定することができます。対象の図形を選択して「ホーム」タブの「行間」から設定を変更してください。

    g-k.png

    図形に文字を入れる方法についてはこの記事を参照してください!!!
    きじ


    また、インデントの変更方法については、この記事を参照してください!!!
    記事

    以上で、行間の操作は終わりです。この操作以外にできることはあんまないんじゃないかなと思います。
    ありがとうございました!
posted by まきちゃん at 18:39| Comment(0) | PowerPoint関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク