スポンサーリンク


2019年06月28日

【Windows10】パスワードの設定基準を定める方法


Windows10では、パスワードの設定基準を自分で決めることができます。
設定基準を変更することで、端末内の他ユーザにその基準を守らせることができ、より強固なセキュリティを担保することができるわけです。
これは「グループポリシー」の設定にて変更ができます。
変更できる項目はこんな感じです。



まずはグループポリシーのパスワード設定ウィンドウの開き方から
①検索画面(Windows+S)にて「グループポリシー」と検索
 (gpedit.msc)でも開けます

②コンピュータの構成>Windowsの設定>セキュリティの設定>アカウントポリシー>パスワードのポリシー

2-a.png

ここから各項目を見ていきます

パスワードの長さ



パスワードを設定する際、何文字以上という制約をつけることができます。

2-1.png

だいたい7文字以上だとセキュリティ的によろしいかと。

パスワード変更禁止期間



この設定はしたことないですが、文字通りの意味ならなかなか怖そうな設定ですね。笑
いざというときにも変更ができない設定のはずなので、あまり使う機会はないのかなと。

2-2.png

パスワードの有効期間



パスワードの有効期間が切れたら新しいパスワードを再設定しなさいよという設定です。
たしかこれが切れるとログオン時に新しいパスワードなににしますか?と聞かれたはずです。
まあ安全を考えるなら90日ごとにパスワードを変えるのがよろしいのかなと。

2-3.png

パスワードの履歴を記録する



上記でパスワードの変更をするときに、同じパスワードには変更できませんよ、という設定です。
これを世代管理といい、「前回と同じはNG」の設定であれば、「2世代管理する」ことになります。
まあこれも4世代くらい管理できると、よろしいのではないでしょうか。

2-4.png

暗号化をもとに戻せる状態でパスワードを保存する



パスワードは実は、PC内部では暗号化されて保存されています。
それを平文で保存しておきますよ、という設定です。恐ろしいですね。
もしPCが攻撃を受けた際、暗号化されていないパスワードを解読されて自由にアカウントを操れるようになります。
パスワードが暗号化されていればパスワードを手探りで探すところから始まるわけです。
よほどの理由がない限り、設定する理由にはなりませんね。

2-5.png

複雑さの要件を満たす必要があるパスワード



パスワードに「大文字」「小文字」「数字」「記号」のいずれか3種類を使わなければならないという設定です。
これにより、より複雑なパスワードになりますので、パスワードを悪い人に知られづらくなります。
この項目は設定しておいた方が安全です。でないと他人が想像できるパスワード設定ができてしまいます。

2-6.png

以上がパスワードの設定でした。セキュリティを考える必要がある場合は、必ず設定する項目です。
自分の身は自分で守りましょう。

あ、あと設定をしたらちゃんと「OK」か「適用」を押さないと反映されませんので。


posted by まきちゃん at 00:22| Comment(0) | Windows10設定関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月22日

【Windows10】WindowsファイアウォールをON,OFFにする方法

1-4.png
Windows10でファイアウォールの設定をオフにする方法を記述します。

一時的にネットワークが繋がらない時などに必要になるかと。


左下の検索画面から「Windows Defender ファイアウォール」を検索
(Windows+Sでも検索モードになります)
1-1.png


左側のメニューから、詳細設定ボタンを押す

1-2.png


「真ん中のWindows Defender ファイアウォールのプロパティ」をクリックし、設定を開く

1-3.png


「ファイアウォールの状態」を有効or無効にする

1-4.png


「OK」か「適用」を押さないと設定は反映されないので、ご注意ください

メニューのプロファイルの種類にはこんな意味があります
ドメインプロファイル・・・ドメインに繋がっているときに適用される
パブリックプロファイル・・・オープンなインターネットに接続されているときに適用される
プライベートプロファイル・・・プライベートなネットワークにのみ接続されているときに適用される

詳細の説明は別の記事にしようと思います
それではまた


posted by まきちゃん at 16:04| Comment(0) | Windows10設定関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク